ブログパーツ

最近のトラックバック

2011年10月26日 (水)

夢の、次の夢

先月のこと、ずっと夢だったパトカーに乗れた。

憧れの白バイ警官さんとツーショット写真が撮れたcamera

でも、まだまだ・・・smile

clipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclip

今夜はももぶた念願の、小田和正さんのコンサートへ。

しかもツアー最終日shine

ももぶた、ライブは何年ぶりsign02

強力なコネクションで時には招待していただいた旬のアーティストの方たちのライブ、そして大好きだったB’zのLIVEーGYM・・・、あの頃は若かったcoldsweats01

懐かしの横アリ周辺は腰を抜かしそうになるほど変わっていた・・・sweat02

アリーナの扉の隙間から見えた、スモークがかったスポットライトが当たる空間に、ももぶたの血が一気に騒ぎ始めるsign03

そうだ、この景色だsign03

ライブが、ライブが始まるんだsign03sign03sign03

双眼鏡から覗く小田さんは確かに、確かに本物だったeye

でもやっぱりおじいちゃんになっていらっしゃった・・・(当たり前か)。

それでも、白いシャツとパンツをこ~んなにカッコ良く着こなし、高音の声音を張り上げ、観衆の前で疾走出来るおじいちゃんは他にいないrun

未だかつて、横アリをこれほど狭いと感じたライブは無かった。

小田さんがそう思わせてくれるのだ。

アンコールで何度も小田さんが出てきて下さった時、ももぶたはやっと気付いた。

才能、いえ、それは当たり前。

圧倒的、そう、圧倒的な自信と経験、小田さんのこのライブを支えているもの。

もう一つ、ももぶた、重大なことに途中から気付く。

ほとんど歌えんかった・・・weep

小田さんの歌を知らな過ぎた、反省。

次はB’zの時くらいノリノリで歌えるほどにして行くんだっ。

今夜の隣りの席のお姉さんくらいね。

そして、ももぶたの次の夢shine

ステージから走っていらっしゃった小田さんにマイクkaraokeを向けられて「ラブ・ストーリーは突然に」を歌うんだっsign01

汗をぐっしょりかいてももぶただけに微笑む小田さんの顔を、満面の笑みで見つめながら歌うんだっ(妄想中・・・)sign03

clipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclipclip

そして・・・、今度は走っているパトカーに乗るんだ・・・scissors

2009年5月 5日 (火)

あなたの曲が聴きたい

無料動画movieサイトは宝の宝庫shine

とても懐かしい曲を発見flair

ご存知、深キョン体当たり演技の『神様、もう少しだけ』の主題歌、大好きheart04な曲だ。

このドラマを見、この曲を聴いていた頃の自分を思い出す。

体調を崩し治療の術も無くなり、とてもとても辛かったあの頃・・・。

死んでしまいたいと思ったほどの痛みと共にこの名曲はももぶたの記憶にある。

サビの部分に入るといつも涙が溢れてしまう・・・。

この曲のPV、初めて見たけどとても気に入ってしまった、ナショナルジオグラフィックっぽくて。

最後の最後にご本人達が登場、何故か大自然の中で演奏しているのが笑えるけど皆カッコ良過ぎ・・・good

実はももぶた、河村クンのサウンドは昔から結構好きだったheart02

柴門ふみさん原作『九龍で会いましょう』がドラマ化された時の主題歌も大好き。

こちらはポップで明るいサウンド。

河村クンもご出演のこのドラマ、もう一度見たいなぁheart

柴門さんの一連の作品にハマっていた頃だったから、香港を訪れた時にはロケ場所の喫茶店にも行って写真cameraを撮ったものだった。

挙動不審だったのか、店主に中国語で怒鳴られたっけhappy02

そう言えば、大昔、Luna Seaのライブにも行ったことがあった。

彼らの人気は絶頂だったけれど、ももぶたはB’z命の頃。

興味は大して無かったくせにチケットを縁故で頂いて、遅れて駆けつけた。

関係者席にはTRFのコウちゃんや、何とB’zの松本さんheart04が見えて、最初はそれに興奮していたlovely

10年経った今でもはっきり憶えている。

光のステージからアリーナに飛んで来た青銀色のスコールクラッカーの華やかさをshine

Luna Sea、復活して欲しいなぁ・・・notes

2008年5月 9日 (金)

魂の弦音

久々に購入したクラシックCD。

何年も前から強く惹かれていた音色なので衝動買いでは断じてない。

初めて彼女の音色を聴いた時は魂を鷲掴みにされた。

当時勤務していた会社でたまたま見掛けたプレスシート、そこにはチェロを弾く彼女の姿があった。

チェロを習いたいと真剣に考えていたももぶたにすれば、その映画に興味を持つのは当然だ。

しばらく経ってスカパー!にチャンネルを合わせた時、偶然にもその映画『ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ』が放映されていて驚いた。

その後も同じ偶然が続いて何度も何度も見ることとなったのが不思議でたまらない。

物議を醸したあの内容がどこまで真実を描いているのかは分からない。

ただ、彼女の壮絶な生涯とその音色に共通するものを感じてしまう。

激しく体を揺らす演奏スタイルはクラシックらしい上品さとはかけ離れている。

けれども彼女の奏でる『チェロ協奏曲』を聴いてしまうと、他のどのチェリストの演奏もかすんでしまう。

魂の叫びのような音色、絶妙な「間」の取り方、楽譜を逸脱した演奏等、フジコ・ヘミングのピアノ演奏と共通している。

心震わせたい時に聴きたい音色です。

2008年3月 1日 (土)

血が騒ぐ時

今日は昼から深夜まで歌いまくったkaraoke

合計で10時間ぐらいかなぁ・・・、勿論一人でぶっ続けって訳じゃなかったけど。

前半戦のカラオケボックスでは中ちゃんの曲ばかりを入れまくって、皆でワンフレーズ毎に回し歌いnotes

karaokeを回すのが忙しいけど楽しいlovely

中ちゃんの曲はまだまだ勉強不足だわ~happy02

曲を知らずパスすることが多くて情けなかったshock

実は、随分前からCDが聴けない状態なのです。

何とかしてアルバムとカップリングの曲を早く覚えなくっちゃ。

それにしても、皆上手いのよ、これがっ。

karaokeを握った途端、人が変わるhappy01

そして、後半戦の飲み屋では年齢層が上がりえらく古い歌謡曲で盛り上がったscissors

一番盛り上がったのは、ファースト・ガンダムの劇場用映画でオープニングテーマだった『哀 戦士』!

(曲全編をお聴きになりたい方はこちら、この曲カッコ良過ぎっ!)

今は亡き井上大輔さんの曲はほんっとに好き、どれもこれも名曲です。

カラオケではガンダムの映像を見ながら歌えるんだよ、最高ですshine

もう~、絶叫しながら大合唱sign03sign03sign03sign03sign03

なかなかナイスな選曲です。

久々に燃えました~bomb

終電の時間が来たので帰ったけど、実はまだまだ歌い足りないっkaraoke

ファースト・ガンダムの曲は名曲が多いもんなぁ、シミジミ・・・lovely

今度は他の名曲達も歌わなくっちゃ、楽しみだ~happy01

2008年1月 3日 (木)

もしもピアノが弾けたなら

ピアノを久しぶりに弾いた。

子供の頃弾いていたピアノ。

音色が独特で、他のピアノの音色よりも明らかに柔らかく暖かいと子供の頃から感じていた。

それは大正解で、当時調律師の方がこのピアノを譲って欲しいと調律に来る度に母にもち掛けていたらしい。

今では音が出ない鍵盤もあって何だか淋しい。

古びたピアノ、時の流れを感じずにはいられない。

子供の頃は練習が嫌で嫌で、家で楽譜を一切開くこともなく毎週開き直ってレッスンを受けていた。

センセイ、ホントにゴメンナサイ。

だから当然上手じゃない。

中ちゃんの曲と「千の風・・・」を弾き語ろうと練習してるんだけど・・・、ももぶたには難しい。

あの頃、もっと身を入れて練習しとけば、・・・反省。

2007年8月12日 (日)

世界に羽ばたくももぶた!

昨日初対面の愉快な仲間と共に、中ちゃん三昧の週末。

イベントに参加する度に、中ちゃんご本人との距離が確実に近付いています。

ライブハウス、新宿Loftでの昨夜のイベントでは数メートル、そして本日のラジオ収録では目の前、しかも番組内ではご挨拶、そして収録後には握手&記念撮影まで出来ましたっ。

こんな展開になるとはっっ!

ライブハウスでの歌はいつも以上に甘~い声。

特に、中ちゃんのブレスはそれはそれは色っぽ~い・・・!

こんなにSWEETな声をももぶたは生まれてこの方聴いたことない。

本当に上手いです・・・、シミジミ・・・。

ワンマンじゃなかったので随分待ったよっ、その甲斐がありました。

対バンのお一人、KAYAちゃんも相当イケてて、やっぱライブハウスは面白いね!

そして、そのまま愉快な仲間とお店に流れ込んで中ちゃん歌合戦となりました。

初めて歌う中ちゃんの曲は気持ち良いねぇ~!

私はせいぜい『友達の詩』しかマスター出来ていませんが、皆様のレパートリーが凄いのなんのって。

皆の歌声を聴いているうち、知らなかった曲も少しは覚えてきちゃったよ、そりゃそうだ、朝の5:00頃まで歌ってたんだから(驚愕!)。

つ~ことで、第一弾は終了!

帰宅したら明け方6:00をまわっていました・・・。

でもでも、まだまだこれから!

数時間寝た後、ももぶたはNHK放送センターにいました~(驚愕!!)。

このクソ暑い中でも、ももぶたの無意識が行くことを勧めるのです。

何故だろう?と自分でも不思議でしたが、その理由が行って分かりました。

冒頭で話した通り。

この模様はラジオでオンエアされま~す!

カワイイ(と、評された)ももぶたの声をお聴きになりたい方はご一報下さい、オンエア日時をこっそりお教えしま~す。

ちなみに日本は勿論、海外でもお聴きになれますぞ!

(実はこの番組、海外向けなのです、だもんで当然英語でしゃべっております。)

中ちゃんのお陰で愉快な仲間が出来たし、中ちゃんとこの上なく身近に接することが出来たし、何という幸運なのでしょう!

セレンディピティ体験が続きっぱなしの今日この頃です・・・。

2007年7月 5日 (木)

「彼女」のこと

初めて「彼女」の曲を聴いた時のあの衝撃は言葉に出来ない。

「彼女」の姿も歌声も、それはそれは美しく女性的で、とりわけ高音域の声は優しい・・・。

何よりも、「彼女」の楽曲に未だかつて感じた事が無い程の才能を見出してしまった。

「彼女」は一体何者なのだろう?

そんな疑問が残っていた・・・。

そして最近知った「彼女」の情報から、やっと納得出来た。

「彼女」の書くあの歌詞の奥深い文学的表現から、心震えるまでの哀しさを感じてしまう所以を。

中村中さんの『友達の詩』、ももぶたが中でも最も衝撃を受けてしまった曲です。

優しいメロディ・ラインにのって、特にサビの部分は何度聴いても切ない。

同時に、私達の心が癒されるのは「彼女」も同じことなのでしょうか・・・。

2006年12月19日 (火)

純粋さ

ももぶた最近のお気に入り、Aqua Timez

10代、20代の若い子達の間で大人気のグループです。

初めて曲をちゃんと聴いた時、とてもピュアな気持ちになりました。

特にね、歌詞がピュアで良いの。

若いって良いなぁ・・・。

人気があるの、分かる分かる。

http://www.youtube.com/watch?v=G0Zf88dNANA&mode=related&search

http://www.youtube.com/watch?v=UaFXGu-HPjg&mode=related&search

2006年12月18日 (月)

カラオケ

今日は会社の忘年会。

お鍋やら鳥料理やら美味しいお食事と、新しい部署での初めての飲み会だったので、新しい人間関係での交流を楽しむことが出来ました。

今まですれ違ったことはあってもしゃべったことが無い人達、恐そう・・・、と思ってた人が実はとても気さくで優しかったりと良い発見がありました。

チーム対抗クイズ大会では残念ながら我がチームは最下位で、豪華賞品は当たらず・・・。

ももぶた、正解出すのにかなり貢献したんだけどな。

最下位でも札束のメモ帳貰ったよ・・・、でも更に帰りにいろいろDVD貰っちゃった。

今度の部署の特典はDVD貰い放題、部屋がDVDだらけになりそう・・・。

そして、二次会はカラオケへ。

上司がこりゃまた上手いのよ~。

さすが元某レコード会社のエラい人。

長~いこと多くのビッグ・アーティストを売ってこられた方で、当時のお話を伺うと面白い。

そういえばこの会社に入ってからももぶた会社の人とカラオケは行ったことなかったなぁ。

若い頃は当時の上司と朝までカラオケしてたっけ。

久しぶりだったので気持ち良かった~。

レパートリー増やさなくっちゃ!

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ