ブログパーツ

最近のトラックバック

2008年1月12日 (土)

ももぶたもちゃんと言います、これからは

“うちの子供には給食の時間に「いただきます。」を言わせないで下さい。”

こんな発言をする親がいるらしい。

その言い分、“うちは給食費を払っているから。”

この話を聞いて皆苦笑・・・。

京都は知恩院で朝の説法時に出た話題だ。

大学時代の友人と久々にランチに出掛けた今日、この話をした。

「(常識を)教えてくれる人がいなかったんだね。」と彼女。

「いただきます。」は何の為に言うのか?

この言葉の意味を知らないのだ。

側で一緒に食事をしている友人の子供(小3の女の子)に敢えて聞いてみると・・・。

即答で200点満点の内容!

さすがっ!

冒頭の親よりも、この小さな子供の方がよ~く分かっている。

我が友人がいかに大切に、きちんと子育てしているかをいつものことながら強く感じた。

日常でも旅をしていても、ももぶたの辞書に無い程のマナーの悪い人々を目の当たりにすることがある。

開き直るどころか自身の後ろめたさから逆に人を攻撃する人まで中にはいて、その矛先をももぶたに向けて来られたこともある。

ある意味、かわいそうな人達。

恥かしい行為だってことを教えてくれる人がいないのだから。

それと、教えてもらっても聞く耳を持たない本人の問題かもしれないね、・・……(-。-) ボソッ。

2008年1月 7日 (月)

負けず嫌い

妹の子供たち(小1の女の子と1歳半?の男の子)をインフルエンザ予防接種に連れて行った。

ももぶたは診察室まで入らず外で待ってたんだけど大きな泣き声はしない。

あんなに注射を怖がってたけど、ゲームでももぶたに負けると発狂する程の負けず嫌いのあの子らしい、泣かなかったのね。

と思っていたら、涙をポロポロ顔中に流して戻って来た。

どうやら、涙は流しているけど泣き声をあげないように本人必死らしい。

むちゃ健気で可愛い。

妹曰く、赤ちゃんの方は一回目の接種時、皆がワンワン泣く中で一人全く泣かなかったので、逆に神経が鈍いのだろうかと心配したそうだ。

うん、確かに、この大らかさ?

良い意味で鈍そう・・・(爆!)。

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ