ブログパーツ

最近のトラックバック

2012年1月 8日 (日)

目方でドン!じゃないか・・・

ももぶたの本日のお買い物dollar

oneエアソールカジュアルシューズboutique

two内ボア付防寒ショートブーツshoe

three手袋paper

four耳当てmusic

fiveダウン風中綿ベンチコート

さて、ここでクイズですsign03

mobaq 〆ていくらだったでしょうかsign02

2011年6月29日 (水)

クールドライじゃなきゃ!

本日思い余って大量購入したもの、それがポリエステル素材の部屋着。

この暑さsun&更年期障害突入shockの大汗で、綿素材のものでは不快極まりなくなってしまいました。

つまり、Tシャツt-shirtの吸った汗がなかなか乾かず肌に張り付いて気持ち悪いし、あせもはできるし・・・。

以前の仕事の関係で販促グッズとして手に入った綿のTシャツなら売れるほど備蓄してるももぶた。

一生Tシャツには不自由しないと思っていたのにまさか買うハメになるなんて。

と言うことで、Tシャツ4枚、ナイトウェア(Tシャツ+半パン)2セットをお買い上げ。

これだけあれば手持ちのも含め我が家の洗濯サイクルに間に合う。

〆て4,400円弱。

1アイテム550円しないのですsign03

この素材でこの金額はかなり良い買い物でしたscissors

先日我慢し切れずスーパーで1枚だけ買った半パンは倍近いお値段だったのですよ、あ~、バカsweat01

で、実はこれらは男性用衣類。

女性用は幾分デザイン性があるけれど何倍ものお値段になってしまうのです。

ももぶたの買い物は全てコスパ重視、機能性とお値段ありきです。

ついでに下着も全てポリエステル素材にしてしまいたいなぁと考えていたところ、

店内で目に付いた格安下着、

・・・トランクスshock

ももぶた、かなりオヤジ化に前進。

いえ、まだ買ってませんわよ・・・。

2009年1月 7日 (水)

復活の日

部屋着で冬になったら必ず羽織るロングカーディガンがある。

何と高校生の時から部屋着として着ているものだ。

白い極太の毛糸で編んであるので重いんだけどあったかい。

実は数ヶ月前から片側の腋から下の剥ぎ合わせが徐々にほつれてきてて、そのまま着続けた結果、数日前にはパッカリ身頃が離れてしまった。

前身ごろと後ろ身ごろは袖部分でやっと繋がっている。

離れた身ごろはヒラヒラしてやたらいろんな所に引っ掛かる。

捨てるのは勿体無いし、何より名残惜し過ぎる、こうなったらメンテナンス、ということで自分で剥ぎ合せることにした。

幸いにも元々剥ぎ合わせていた糸は裾の所で残っている。

これを片側と同じように腋に向かって剥ぎ編んでいけば良い。

問題は編み針が無いこと。

仕方が無いので手持ちのゴム通しを代用してカギ針状になっている部分でやり始めた。

糸の太さに比べて先っぽが小さ過ぎやり辛かったけど、何とか工夫して上手に完成scissors

実はももぶた、小学生の頃から編物、刺繍、ぬいぐるみ・フエルト人形作り、手織り、ミシンで本格的な裁縫・・・等など、異常にハマっていた時期がある。

初めて作ったチョッキは母が着ていた。

そのうち、編み図の間違いを指摘出来るくらいにもなっていた。

今ではさっぱり作らなくなったけれど、昔取った杵柄、何でもやっとくもんだと思う。

とはいえ、全てお勉強からの逃避行為だったなぁ、シミジミ・・・shock

2008年12月18日 (木)

人変わればお洒落変わる

「高校生みたい・・・。」

恥ずかしながら、一回り以上年下の女性に最近言われた言葉shock

先週末に美容室hairsalonに行っていた。

いつもはするのに前回のカット時はしなかった、多めの段とシャギーをいっぱい入れたスタイルを、彼女は今回初めて見たのだ。

確かに、この長さでこのスタイルをももぶたがすると一昔前の高校生みたくなる。

お任せにしないと機嫌が悪くなるいつもの美容師は、例の如く自信満々の出来だと太鼓判を押した。

今回は珍しく「イメージが湧かない。」と、スタイルを決定する前にスタイルブックbookを見ていたけど。

彼のカットの腕は確かなので、やはり当事者のルックスに問題ありだわ・・・sweat02

きっと他の子ならお洒落に見えるんだろうなぁ、トホホ・・・happy02

2008年1月 9日 (水)

鞄だらけ

巷では絶大なる人気の京都発帆布鞄(京都で道案内してくれたおいちゃんのオススメ京都土産)を年明け叔母に見せたら、「ちょっと貸して。」と型を取り始めた。

どうやら叔母は手持ちの生地(フリマで100円!)でマネッコして作ろうとしている。

叔母は縫製のプロ。

「これよりもうワンサイズ大きいのを一緒に作って~!」とお願いしたら、益々張り切り始めた。

このお方、私とは大違いでマメ子、行動派。

あっという間に型を取って布地を裁ち、後はその他の材料の購入とそれらを縫うのみ。

おまけに裏地まで付けようとしている。

そして数日前の夜、叔母は職場から電話をかけてきて足りない材料を買いに行こうと言う。

好きな色のショルダーベルトや金具、ワンポイントにするアップリケ等々を二人で選び、翌日には職場で完成させて持って帰ってきた。

いやはや、完璧!

叔母のプロ根性を特に感じたのが、ももぶたがある箇所を指摘した時。

叔母は全く気付いていなかったらしく、ももぶたにとってはどうでも良いことだから構わないと伝えたんだけど、またその翌日にはきちんとそこが直されてリクエスト通り二つも作ってくれた。

あまりの出来の良さに、これで商売しようかと二人で話が盛り上がる。

帆布店のパクリでオリジナルのラベルも作ろう、な~んてね。

叔母が職場で作っている様子を見て、作ってほしいって声が周囲から既にあがっているらしい。

叔母の偉大さを痛感。

プロフェッショナルってカッコイイ!

P1010001_2 

↑京都で購入したもの。

おいちゃんに教えてもらったこの鞄の話をユースでしたら、皆翌日そっちに買いに行ってました。

ももぶたはへそ曲がりなので、止められた方(黄色の方)も試しに買っちゃった。

プロである叔母チェックでも、おいちゃんの言った通り左の青い方が仕立てが良いという事実が発覚、さすがジモティの情報は正しい。

P1010002_2

↑叔母作。

アップリケやショルダーの色はももぶたがチョイス。

叔母のは確か、ブルーショルダーにアップリケはクマさん。

(アップリケは3点で1セットだったので、クマは叔母に譲りましたの。)

2007年12月14日 (金)

意識を変える掃除力その2

何となく腕時計を見ていたら驚いてしまった。

文字盤じゃないよ、ステンレス製のブレスの方に。

む~・・・、汚い・・・、汚過ぎる!

細かい隙間隙間に黒い粘土状のものが張り付いている~!

汗と垢の結晶だね、こりゃ。

私はこんな汚いもんを毎日腕に巻いてたんだぁ!

そう思うといても立ってもいられない!

キッチンに飛んで行き、今では使わない浅めのお弁当箱に水とキッチン用洗剤を入れてそこにブレス部分だけ浸かる様、縁にお箸二本を渡して文字盤を浮かせる。

文字盤との境のブレス部分は浮くことになるけれど、ここも綺麗にしたくて湿らせたティッシュを貼り付けるけど、文字盤に水が入る事が怖くてギリギリにすると滑り落ちて張り付かない。

危ない橋は渡るまい・・・、大枚叩いて買った電波時計がオジャンになったら泣くもんね。

仕方ないのでそこは後で磨くとして、放置すること数時間。

汚れを浮かせた後、歯ブラシや爪楊枝を使って細かい隙間を磨き始める。

そしたら何とまぁ!

ピッカピカ!

洗浄液を付けながら磨く度にティッシュで拭き拭きすると、ティッシュにも洗浄液の中にも黒い塊がいっぱい~。

うわお~・・・、こんなに・・・(驚愕!)。

すんごい達成感です!

これで気持ち良く時計を付けられます。

時は金なり、時を告げる腕時計も開運に繋がっている筈、定期的にいたわってあげないとね。

皆は専門店へ掃除や調整に出してるのかしらん?

今までそんな発想が無かったももぶた・・・(恥!)。

ここまでほっとくなんて、気付くの遅過ぎっ、反省・・・。

2007年8月 6日 (月)

スライス・サンダル

本日は久方振りに履くサンダルでご出勤。

最寄駅まで茹だる暑さの中歩いていると、足の裏から何気にイヤ~な感触。

ネチョ、ネチョ・・・、あっれ~?

見下ろすと足の裏と密着しているソール表面のコーティングがポロポロ剥けはじめてる・・・。

見た目はまだまだ綺麗だったけど買ったのが大分前だから表面が劣化しちゃってるのよね~、足の裏を会社で拭かなきゃ等と思いながら会社に向かうこと約20分後・・・。

あと5分歩けば会社に到着ってところでなんとっ!!!

パッカリ!

左足サンダルの前半分までが横スライス、今度は底のソールが剥がれてきたよ~っ!

うわうわうわ!

このシーンは大昔にも体験したことがあるぞ。

スポーツ・クラブで久々に履いたテニス・シューズも底が抜けたのでした。

NIKE製のウン万円もする高価なシューズ、ほとんど履いてなかったのにぃ。

ソールのエア部分はこんな風になってんだぁと爆発した残骸を観察したりして・・・。

つ~ことで、過去に体験済みなので冷静なももぶた、キョロキョロキョロ!と人目を忍ぶ(一応恥かしい・・・)。

出勤途中なので道を急がねば、と剥がれそうなソールと足の甲をくくりつけようと閃き、バッグの中から輪ゴムか紐状のものを探すも見付からん・・・。

うぅ・・・、このまま歩けるワケもなく・・・。

クソ暑い路上でももぶたの脳ミソはカタカタカタと音をたてて(?)対応策を探しはじめる。

1.せっかくここまで来たけど会社を午前半休する

2.このさい左足は裸足で歩き出社する

この二案が真っ先に頭に浮かんだけど、最良の第三案を実行しました。

底のソールを剥がし切って、左足は薄っぺら~い状態で何食わぬ顔してご出勤♪

足の長さが違うので歩き辛いけど、バレないように堂々と歩くのだ。

そして、幸いにも誰にも気付かれることなく無事会社のロッカーに到着~。

会社にはオフィス用のサンダルを置いてるので今日の帰りはこれで帰れば良い。

おっと~!、・・・今夜は出掛けるんだったぁ!

このナース・サンダルでかぁ・・・、ガックリ・・・。

2007年8月 1日 (水)

打倒・紫外線!

あぅ・・・、暑い・・・。

汗が止まりません・・・。

そして、紫外線も超・迷惑です。

特にももぶたは焼けたらいけません、焼き豚に・・・イエ、皮膚が大変なことに、なるのです。

つ~ことで、とうとう買っちゃいました、日傘!

何かなぁ、日傘ってオバチャン臭いし、邪魔だしぃ、ゼッタイ嫌だったんだけど背に腹は変えられません。

見栄えよりも機能性!

完璧な日傘とは?

行き着いたのが、傘と日傘専門店リーベンさんのこの2本。

①UVカット99.9パーセント、完全遮光!

②日傘下の温度が①以上に下がる涼しいタイプ。

両方とも雨晴兼用(スバラシイ!)、最近ではデザインも様々、オバチャン臭くなくカジュアルな洋服にもハマるデザインのものもありますね。

これで紫外線対策は万全です。

もう日傘無しでは歩けませんわ・・・。

2007年7月14日 (土)

一年振りに頭が軽くなりました

今日は台風近付く雨ザザ降りの中、美容室に行って来ました。

行き付けの美容室は前の前に住んでた地域にあって、結構遠い・・・。

それでもそこに行ってしまうのは、カットの上手さ。

いつもご指名している美容師さんはホントに上手い。

私の髪質や面倒がり屋の性格、そして頭皮の状態を考慮していつもスタイルを決めてくれる。

こっちがスタイルの希望を言っても全て却下だよ・・・。

似合わない!とはっきり言ってくれちゃいます。

受け入れて貰えるのは(!)せいぜい長さの指定まで。

よく彼の応対にはムカつくんだけど、まぁ面倒がりの私としては逆に楽で、彼に任せておけば似合うようにやってくれる。

出来が不満だったこともない。

かつてプロだった妹が久々に会う度、私のヘアスタイルを誉めてくれるようになったのは彼に切って貰うようになってからだ。

カットの上手さは伸びてきた時にこそ分かる。

どんなに伸びてもそこそこスタイルが決まるのだ。

これで性格が良ければ最高のお方なんだけどぉ~。

ともあれ、安くて上手ければそれで良い。

どんな事でも良い、自分に技術力があるって良いな~。

2007年6月27日 (水)

バーゲン必勝法&失敗談

OL100人ブログ隊の今回のお題は「バーゲン必勝法&失敗談を教えて!」。

バーゲンは先手必勝かなぁ・・・?

とは言うものの、やっぱり運の部分も多いと思う~!

ももぶたにとってはお正月の福袋が一番のバーゲン・イベント!

昔、初めて買った福袋では相当オイシイ思いをしたのです。

福袋の中にはこれはゼッタイ着れないよってモノが一つは入ってるものですが、その時はどれもこれも大当たりだったのです。

一つ一つの値札を見て合計を計算したら福袋の10倍くらいの金額だったので、それだけでも満足していたものでした。

この最初のオイシイ福袋体験のおかげで、今でも福袋というと気になるんですよね~。

味を占めてその後も買ってみたけど、初回程のオイシさは無くなっていました・・・。

こんなの着ないよ~、いらないよ~、ってね、ワガママなもんです。

まぁねぇ、アパレル関係の知り合いに言わせれば、洋服の定価なんてあってないようなものなんだって。

服に限らす何でもそうだよね・・・。

2015年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ